公会計委員会

平成18年の公会計制度実施から、各地方公共団体へ整備・導入支援を行うとともに、地方公会計に関する職員研修会を開催。地方公会計制度の導入から運用まで、総合的なサポートを行っている。

研修活動

総務省の方をお招きし、公会計部門のご担当者様を対象に、研修会を行っています。
各地方公共団体で抱えている公会計の整備に関する課題を共有し、これらの具体的な進め方について説明しています。

【平成29年度 研修会実績】
●和歌山県 ●香川県 ●徳島県 ●高知県 
●愛媛県 ●鳥取県 ●島根県 ●沖縄県

【平成30年度 開催予定研修会】
●和歌山県 ●香川県 ●徳島県 ●高知県 ●愛媛県 ●鳥取県 ●島根県 
●広島県 ●山口県 ●福岡県 ●熊本県 ●大分県 ●宮崎県 ●鹿児島県 ●沖縄県


「公会計研修会」


公会計整備情報の活用について


公会計の整備が進むことにより、財政状況の他団体間比較やストック情報が「見える化」されます。
公会計は「作って終わり」ではなく、「活用する」を目的とし、限られた財源を「賢く使う」ことにつなげていくことが重要と考えています。
また、公会計を住民の方にも知っていただくために、行政と住民が共に考える場として「バランスシート探検隊」という企画も行っています。住民の方とともに、バランスシートのしくみを学び、施設を実際に見学し、税金がどういう使われ方をしているか、公共施設のあり方などを紹介し、一緒に考えていきます。


「バランスシート探検隊」


その他の活動

●パブリックプラス
民間企業の視点で、公共施設や公共空間に新しい価値・視点を+(プラス)していくプロジェクトを実践しています。

●ニュースレターの発行
毎月1回、「地方公会計活用のありかた」、「Q&Aのまとめ」、「行財政新情報」など公会計における情報をお届けしています。


「廃校活用」 (大分県由布市)


その他多数の活動実績があります。

リンク集
地域科学研究所 地方発170便 Facebook
https://www.facebook.com/170letters/

地域科学研究所 地方発170便 Twitter
https://twitter.com/chk_170letters

地域科学研究所 地方発170便 Instagram
https://www.instagram.com/chiikikagaku_170letters/

地域科学パブリックプラス
http://public-plus.jp/

地域科学の実践
http://www.chklab.com/action/practice

メニューを閉じる